2010/05/18

・もっとまめに日記をつけるつもりだったが、丸二週間が経過している。驚くべき速度で進んでいる。時間が手に入ったのだから、もっとゆっくり進むかもしれないと思っていたけど、そんなことは無かった。一ヶ月も、一年も、あっという間に過ぎていくに違いない。大事にしなくてはいけない。

・時間の経過に恐れをいだきつつ、振り返ってみると、外出が日付をまたいだのも合わせると7日ほどあった。丁度半分ぐらいであった。なるほど。こんなに多ければ、速度もでるだろう。前日に準備が必要なものもあった。変わったところでは、大学に招かれてゲーム業界やゲーム会社の仕事について、40名ほどの大学生の前で喋ったのがあった。慣れないことなのでかなり緊張したが、人前で話すという貴重な経験ができて感謝している。公に30分も喋り続けるなんてできるわけがないと思ったが、そんなことはなく、喋り足りないぐらいであった。7年も会社に努めさせていただいた。学んだことは多かったのだろう。質問もたくさんでたが、即答できるものばかりだった。それは経験に基づいているからに他ならない。

・喋る経験もだが、職場での経験を見直して自分なりにまとめる良い機会にもなった。どんなことを学んで、反対に学んでこなかったか。あったチャンス。なかったチャンス。マインドマップというツールを使い、それらをひたすら書き殴っていく。書きながら同時に、できるところはグルーピングしていく。書きながら、浮かんでくるものがあった。自分が人材としてどういうものを持っているのか。他人に分かりやすく見せられる経験や能力のまとまり。連なり。そういうものが感じられてきた。いままでピンとこなかったが、これをキャリアというのかもしれない、と思った。辿ってきた道筋が見える。そして、今後辿りたい道を想像する。そのうちの辿れそうな道とそうでない道が見えてくる(実際のところ、辿れない道はそんなになさそうだった、ただし成長という条件をつければだが)。30歳という年齢を改めて感じた。

・時間を拘束するものが、自分の意志などの未来に属するものだけになって、少しバランスが乱れている。起きている間は無駄なことはあまりしていないはずだが、つい寝てしまう。睡眠の量が増えている。睡眠の質と量について、自分を管理しないといけない。

・WEB開発についての知識はだいぶ身についてきた。次の段階に進もう。知識は実践しないとどんどん腐っていく。記憶力もそんなに良くないほうだから、身につけてしまうべきだ。身に着けたらそれはもう記憶ではない。プログラミングをはじめとした記述の能力や知識は、やはり自分の手で書いて身につけることができる。どんどん書くには良い道具や環境が欠かせない。だから、次の段階として、開発環境の発見と構築をやっている。初心者の多くが詰まるのはこの段階だ。理由はよく分かる。私だって未だに新しい環境をセットアップするのは大変だ。そして面倒だ。面倒だと感じるのは詰まらないからだ。詰まらないから詰まってしまう。そういう微妙な言い回しをしたくなるような段階だ。唯一の嬉しい瞬間は、構築した環境を試してみて、動作や機能がすばらしかったときだ。報われたなあ、という気持ちになる。

2010/05/03

・自由を得たばかりではめを外したい気分ですが、今がとても大事な時間であることは自覚している。そんな時間帯がしばらく続いている。だからAimquestに日記を書き込む頻度があがるはずだ。頭の中にある構想やすべきことの断片を取り出して整理しなければならない。友人や知人に相談してみるのも良いが、まずはここで考えてみたい。そして、ここはAimquestなので、Aimquestの文脈で書いていこうと思う。もっとも、その文脈は私ぐらいしかピンとこないものかもしれない。

・前提として、程度は違うが、2つの大きな変化があった。ひとつは現在の仕事を退職してフリーで活動してみること。もう一つはルームメイトが退去して(おそらくは)新しいルームメイトが入居すること。まず、後者から見ていく。私は私以外の人間について制御できない(自身すら制御できないが、それよりもはるかにできない)。もちろんうまくやって行きたいし、そのためにできることを行う。でも、それだけだ。相手から信頼されるような人間であること。楽しんでもらえること。そのために行動すること。それに尽きる。

・さて前者。フリーになることについて。独立に形は近いけど、特定の仕事をもらえるつながりがあるわけではない。だから、現時点で確実な収入のあてはゼロである。その代わりやりたいこと、作ってみたいものはいくつか用意した。どれも学ぶことと作ることに関する(もっとも、作ると言ってもコードや文章を書くぐらいしかできない)。その中から選べば良いのだけど、お金になるもの、簡単に作れるもの、という基準で選ぼうと思っている。自分の生命や成長を確保するにはそうするしかない。学んだり作ったりしながら、親しい人たちと話したり遊んだりして暮らせたらと思っている。今までも、できていないわけではないが、贅沢にも、もっと楽しみたいと思っている。

・この何日か、もっと実作業をすべきだったかもしれないが、勉強と、そういった考え事に使っている。

・興味や関心を丁寧に学んで理解できたらと思う。それらをウェブにまとめて理解を確認する。能力を示す名刺にもなると思う。そのために、他の人が読んで楽めるものにする。楽しんでもらうこと自体の練習にもなる。具体的には、ゲームと学びをセットにしたブログを一つと、WEBやゲーム(ソーシャルゲーム含む)周りの技術開発の話題を扱ったブログを一つ作ろうと計画している。更新は頻繁にできなくても、しっかりとまとめたものを作って蓄えたいと思う。それらのすべてをjimi.jpですべてを束ねる。そういう構成を考えたとき、(すでにそうだったかもしれないけど)Aimquestは日記というよりは日誌の役割をになうようになる。すなわち、私のすべての活動についての航跡のようなものになると思う。

・内省をつづる(かつてのnoteカテゴリ)にも興味が続いているので、それは別の形で表現したいと思っています。