2014/02/19

・前に日記を書こうと思ってから九日が経っている。セーブの少ない危ない人生です。(twitterまま)

・ラジオは偶然性を体験できるよいメディア、良いしくみ。

・何か印象的なできごとがあった場合、どういう方法で保存、再生するのか。言葉でなのか、音楽でなのか、写真でなのか、映像でなのか、ゲームでなのか。(twitterまま)

・(twitterまま)という表記が気に入った。しばらく多用するかもしれない。

・今日は短くリズムよく日記が書けている。たまたま小気味好い体験が多かったのか。今の気分なのか。子気味良いは、こぎみよいではなくて、こきみよいでした。こんな言葉の確認で途切れてしまうのがおしいぐらいリズムがある。

・日記とtwitterとchangelog(個人的なPCのメモ書き)の関係を見直した気持ち。それは印象的なできごとをまとめたいからという理由と、うまくまとめてゲーム作りに詰め込みたいからという理由による。

・ゲーム制作とゲーム開発の言葉の違い。ある程度見通しは立っているが作るのに人手がいるようなものをゲーム制作、たとえば根幹システムやデバイスやネットワークなどのシステムを試行錯誤しながらまとめていくのが開発。見通しあるなしで使い分けることにした。つまりメニュー周りの仕事も、制作になる場合と開発になる場合がある。昨今はUIが重要とされているからなおさら。制作を製作とか作成に置き換えるともっと違いが伝わりやすいかもしれない。

・背中がかれこれ1週間近く痛かったが、落ち着いてきたような気もする。まだまだのような気もする。

・息を止めて一気に書く日記と、休憩しながらぼちぼち書いていく日記がある。

2014/02/10

・1月29日の日記をアップし忘れていたのでアップした。そのまま今日の日記を書いていく。日記とは言いつつも、二週に一度、二週記なのであるが。

・仕事をして寝ているという状況で、プライベートや個人制作が入りこむ余地がない状況だ。かといって、まったくのゼロというわけではなく、そのわずかな瞬間が、けっこう良いものであるかもしれず、多忙を理由に黙殺するにはおしい。できるだけ書き留めておきたいところだ。

・よく作品などで作り手が、見る人によって違った作品になったらいい、みたいなことをいって賛否両論がある。自分としては賛同も反対もなくて、これは作り手の意図による。確実に一つのストーリー・解釈を届けたい場合は当てはまらないと思うし、たくさんの解釈を意図的につめこんだ作品は当然当てはまると思う。ゲームだとシングルストーリーかマルチストーリーかで明示的にできる。シングルストーリーがひとつの解釈しかない、という意味ではない。

・つまり、誰もが同じ映像をみる映画であっても、解釈のゆらぎがそれぞれの人に別個の物語を再生する。物語というものが全体的にそうなのだと思われる。解釈のゆらぎが深みという意見にはその通りだと思うし、単一の解釈がすきならもっと論理的なもの(たとえば数学)なんかを楽しめばいい。いや、数学的な楽しさをもっと手軽に味わいたい、というニーズがあるのかもしれない。

・あと映画とゲームの比較をすると、映画ではポーズボタンを押すと一時停止となるが、ゲームは何も入力しないでいると延々と今のシーンが再生されている。これは大きな違いだと思う。僕はRPGなんかでよく、何も操作せずにそのままゲームに浸っていることがある。それは特別なイベントシーンではなく、自由に操作できる町の中やタイトル画面であったりする。お気に入りの台詞を画面に映し出してそのまま作業をしたり、何もしないでいたりする。それは絵画とか写真の鑑賞に近いかもしれない。音楽のリピート再生にも似ている。ふっとその瞬間にとどまらせてリラックスしたくなるゲームは、僕の好きなゲームだ。たぶん年を取るともっとこういう要素がほしくなる。いまだにこういう遊び方、ゲームの効用はメジャーではないようだから、自分の作るゲームではなんとか再現したいものだ。

2014/01/29

・帰省してから日記を書いていなかった。うっかりすると、あけましておめでとうございますと書いてしまいそうだ。帰省と同時に仕事が入り東京で働いている。群馬の家にはこの1ヶ月で4、5日しか帰っていない状況だ。ありがたいことだが、めまぐるしいとも思う。体と心に気をつけたいです。

・健全と健康はどちらも大事だと思うが、健全のほうが好みである。

・ハードボイルドなコマンド選択ADVを作りたいが時間がなく取り組めていない。入れたい要素は挙ってきているけど、コンセプトがまだ決まっていない。何を大事にすればいいのだろう。考え続ける対象がまだ定まっていない雰囲気です。

・もう少し日記を書きたいけど、何か書けることはないか。仕事のことは書けない。仕事と睡眠しかしていないから、すぐに思いつけないのだろう。一時的にはかまわないが、あまり良い状態ではないと思う。ネタを見つける時間が減り、やがて習慣が消えていくのが怖いです。

・年が増えてきたからか、怖いという気持ちが生まれてきた。今までも瞬間的には怖かったけど、持続的な怖さはあまりなかったように思う。