2018/03/26

・手帳類の本を書く話は半年前ぐらいからあったが遅々として執筆は進んでいなかった。断片が増えるばかりで完成できるイメージは5%もなかった。ところが2月後半に叱咤激励を受けたのもあってだろうか、向き合い始めた。

・それでも相変わらず完成イメージは5%前後をうろうろしていた。完成イメージというのは、自分の中に「完成できるな」というイメージがどれだけ持てるかというものだ。進捗とは関係がない。個人制作ゲームもずっと作れていなかったが、『ツキのないがいこつ』のときに初めて完成できるという感覚があった。そして何年も作れずにいたのが数週間で完成できた。アップルストアにはリジェクトを食らって出せなかったけどそれは別の話だ。

・手帳類本の話に戻ると、先週ぐらいから完成イメージが高まってきた。それはいったん出版社の人とのすり合わせは横に置いておき、自分が書きたいものを一旦書いてみる姿勢に転換したことによる。淡い期待があったのだけど、手取り足取り完成まで導いてくれる編集者はいない、ということに一旦自分の中で設定した。自分で書いてみるという設定にしたことにより、完成イメージが高まってきた。というか、完成するならこういう形にならざるを得ない、という形になっていくしかない。自分でゲームを作るのと同様、本だってそう簡単には書けないものであるはずだ。書けるのならもっと多くの人が書いているはずだからだ。

・だから、一旦売れるとか売れないとか、出版する水準だとか満たしてないだとかは置いておく。一通り目次を構想してある程度のボリュームを書いてみる。例えば200ページぐらいの文庫本ぐらいのボリュームはいるだろうから、10万字ちょっとを過不足なく書けなければならない。背伸びしすぎたら書けないだろうから、いま持っているものを出すのが中心になる。少しだけ先人の知識や先行事例は引くことになるだろう。構成は好きな本の真似をすることにした。どうせ手帳類を扱う本という時点でパクリとかはありえないのだから、そこは気楽でいい。文体のイメージもできてきた。各パートごとに違う文体のイメージになってしまうが、一通り書けることを大事にする。統一の必要があればあとで直せばいい。

・こんな姿勢を少しずつ作っていって完成イメージが高まってきた。もちろんここで出版社のかたの手が入れば一気に完成イメージが下がる可能性はある。それは運任せだ。

・そもそもそれ以前に今年の仕事が忙しいという問題がある。慣れない業務なのでしかたがないのだが、昨年の仕事と比較するとここまで1.5〜2倍ぐらいの時間手を動かして働いている。にも関わらず成果は昨年の半分にも満たない。素直に辛い。近年楽をしすぎたと言えなくもなく、たまにはこうやって働くのも良いものかもしれないが、本を書くという観点ではこまる。せっかく気力が高まっても、日々の仕事に追われているうちにだだ下がってしまうからだ。これは今後ずっと付きまとう課題だろう。休日にたまったやる気をどこかに退避して保存して、次の休日に取り出せればいいのに。プッシュしてポップできればいいのに。

・日曜日の深夜にこれを書いている。夕方、とうとう執筆ソフトである「Scrivener 3」をインストールして本を片手に手帳類本を構想してみたら、すこぶる快感だった。完成イメージが50%を越えた。もっと上に見積もっても良い。いい数値だ。しかし、明日からまた仕事であって、次の週末にやる気がどうなっていることやら。完成イメージも半減しかねない。『冒険者ギルド物語2』を引き合いに出すまでもなく、半減とは恐ろしいことだ。いくら貯めてもそこまでのすべての計算値が半分になることの酷さよ。そんな不安と予想をセーブする。

2018/02/14

・新年になったというのに1月のセーブを忘れてしまっていた。応答が多すぎるのは問題だ。気がついたらもう2月でそこからさらに記録しないままずるずると行ってしまった。

・手帳類は順調に認知が広まっている。取材を断らないで疲労している対価だ。取材が嫌だという意味ではなく楽しませてもらってもいるけれど、それでも準備や移動や本番など拘束時間は少なくない。それらを仕事の合間にこなすのはなかなか大変だ。昨年の途中から、平日の仕事前や仕事後に取材関連のスケジュールを組むことが増えた。休みの日はできるだけ長く休みたい。

・ヤンキー漫画や不良マンガを多く読んでいるのもたぶん疲れから来るのだろう。とうとう取材に対応している夢を見るようになってしまった。

・こんな具合では個人ゲーム制作に戻るのは程遠い。手帳類はまだまだ続きそうだ。手帳類だけで少なくても今年分のロードマップはもう組めてしまうし、上半期は具体的なスケジュールが埋まり始めている。いつまでこんな風に個人プロジェクトに興味を持ってもらえるのだろうか。しんどいが今だけかもしれないな、今後はもう無いだろうな、とも思う。

・本心では手帳類以外にもうひとつ、プライベートの共有と更新をテーマにしたプロジェクトを構想して実装したい。テーマに対する異なった実装があることでより立体的に伝えることができるからだ。ひとつだけの実装(手帳類)だけだと単なるフェチ・性癖としてのみで捉える人も少なくない。火のないところに煙は立たないと言うし、そういった要素が少なからずあるのだけど、多くの人が思うよりずっと割合は小さい。それを示すためにも別の実装を用意するのが一番良いように思う。

・もう少し書きたいことがあったかもしれないが、ここまでをセーブとしておく。2月中にもう1度セーブしたい。少なくても3月には行うこと。

謝辞
Picnic CSS
T.T
©
Shirado Masafumi