2018/07/02

・ずいぶんと自身のセーブができていないのは分かっていた。どれぐらい空いたかと見てみれば丸3ヶ月は過ぎていた。なにしろ、自宅のパソコンでほとんど作業できないぐらい仕事をしていた。

・セーブをできていない間、4月はまだ余裕があっただろうか。手帳類本の執筆や手帳類図書室に追加する目録を書いていた記憶がある。5月になると忙しさがまして余裕がなくなり土日の出社も出てきた。6月は半分ぐらいは終電近くまで働いたのではないか。それゆえに生活のバランスも乱れた。7月はあろうことかさらに忙しいのかもしれない。どうなるのかはわからないが、とにかく倒れてしまわないようにすること。

・プライベートがプレイできないのは辛いが、こういう流れもある。さかのぼってみてもここ2,3年は比較的楽をさせてもらったし、仕事の激しいタイミングはあったにせよ例えば2週間とか長くても1ヶ月とかだった。期間限定なら無理もできるし走りきれる。だが、これが来月も再来月もとなると、走り続けるのは難しくなってくる。身体が万全ならともかく腰も首も頭も痛い。

・そのかわりに、これまでにないぐらい数学的計算をしている。これまでにないぐらいベクトルを足したり引いたりしている。これまでにないぐらいキャラクターを回転させてもいる。

・これまでも少しはベクトルを移動させたり回転させたりしてはきたが、なんとなく使ってなんとなく忘れていた。理解力は高くないのだから必要に駆られて手をたくさん動かす機会はありがたい。今回でうまくいけば感覚を身につけられるかもしれない。内積だとか左手座標系だとか、よくわからずに使っていたものがこれまでよりずっと理解できた。それでもまだ厳密ではないのだろうが、道具としてなら使えそうな感触がある。ずっと苦手意識のあった3Dキャラクターのアニメーション制御も当たって砕けろで取り組んでいる。マテリアルもそうだ。忙しさと悪戦苦闘、格闘することで、今後の糧になるはずと願っている。

・今後の糧にするつもりならば、倒れないようにしなければならない。回復できないぐらい疲れてしまわないようにしなければならない。

・そんなだから新しいことはできていなくて、繰り返しになるけどプライベートはプレイできていない。心身に余裕がないと本もろくによめない。30代になってずいぶんと本を読めるようになってきたけれど、僕にとっての本とは未だにそういうものだ。息を吸うように本を読む人と決定的に違っている。読みたい本はたまっているのに、ひたすらアプリの漫画を読んで『冒険者ギルド物語2』をプレイしている。

2018/03/26

・手帳類の本を書く話は半年前ぐらいからあったが遅々として執筆は進んでいなかった。断片が増えるばかりで完成できるイメージは5%もなかった。ところが2月後半に叱咤激励を受けたのもあってだろうか、向き合い始めた。

・それでも相変わらず完成イメージは5%前後をうろうろしていた。完成イメージというのは、自分の中に「完成できるな」というイメージがどれだけ持てるかというものだ。進捗とは関係がない。個人制作ゲームもずっと作れていなかったが、『ツキのないがいこつ』のときに初めて完成できるという感覚があった。そして何年も作れずにいたのが数週間で完成できた。アップルストアにはリジェクトを食らって出せなかったけどそれは別の話だ。

・手帳類本の話に戻ると、先週ぐらいから完成イメージが高まってきた。それはいったん出版社の人とのすり合わせは横に置いておき、自分が書きたいものを一旦書いてみる姿勢に転換したことによる。淡い期待があったのだけど、手取り足取り完成まで導いてくれる編集者はいない、ということに一旦自分の中で設定した。自分で書いてみるという設定にしたことにより、完成イメージが高まってきた。というか、完成するならこういう形にならざるを得ない、という形になっていくしかない。自分でゲームを作るのと同様、本だってそう簡単には書けないものであるはずだ。書けるのならもっと多くの人が書いているはずだからだ。

・だから、一旦売れるとか売れないとか、出版する水準だとか満たしてないだとかは置いておく。一通り目次を構想してある程度のボリュームを書いてみる。例えば200ページぐらいの文庫本ぐらいのボリュームはいるだろうから、10万字ちょっとを過不足なく書けなければならない。背伸びしすぎたら書けないだろうから、いま持っているものを出すのが中心になる。少しだけ先人の知識や先行事例は引くことになるだろう。構成は好きな本の真似をすることにした。どうせ手帳類を扱う本という時点でパクリとかはありえないのだから、そこは気楽でいい。文体のイメージもできてきた。各パートごとに違う文体のイメージになってしまうが、一通り書けることを大事にする。統一の必要があればあとで直せばいい。

・こんな姿勢を少しずつ作っていって完成イメージが高まってきた。もちろんここで出版社のかたの手が入れば一気に完成イメージが下がる可能性はある。それは運任せだ。

・そもそもそれ以前に今年の仕事が忙しいという問題がある。慣れない業務なのでしかたがないのだが、昨年の仕事と比較するとここまで1.5〜2倍ぐらいの時間手を動かして働いている。にも関わらず成果は昨年の半分にも満たない。素直に辛い。近年楽をしすぎたと言えなくもなく、たまにはこうやって働くのも良いものかもしれないが、本を書くという観点ではこまる。せっかく気力が高まっても、日々の仕事に追われているうちにだだ下がってしまうからだ。これは今後ずっと付きまとう課題だろう。休日にたまったやる気をどこかに退避して保存して、次の休日に取り出せればいいのに。プッシュしてポップできればいいのに。

・日曜日の深夜にこれを書いている。夕方、とうとう執筆ソフトである「Scrivener 3」をインストールして本を片手に手帳類本を構想してみたら、すこぶる快感だった。完成イメージが50%を越えた。もっと上に見積もっても良い。いい数値だ。しかし、明日からまた仕事であって、次の週末にやる気がどうなっていることやら。完成イメージも半減しかねない。『冒険者ギルド物語2』を引き合いに出すまでもなく、半減とは恐ろしいことだ。いくら貯めてもそこまでのすべての計算値が半分になることの酷さよ。そんな不安と予想をセーブする。

2018/02/14

・新年になったというのに1月のセーブを忘れてしまっていた。応答が多すぎるのは問題だ。気がついたらもう2月でそこからさらに記録しないままずるずると行ってしまった。

・手帳類は順調に認知が広まっている。取材を断らないで疲労している対価だ。取材が嫌だという意味ではなく楽しませてもらってもいるけれど、それでも準備や移動や本番など拘束時間は少なくない。それらを仕事の合間にこなすのはなかなか大変だ。昨年の途中から、平日の仕事前や仕事後に取材関連のスケジュールを組むことが増えた。休みの日はできるだけ長く休みたい。

・ヤンキー漫画や不良マンガを多く読んでいるのもたぶん疲れから来るのだろう。とうとう取材に対応している夢を見るようになってしまった。

・こんな具合では個人ゲーム制作に戻るのは程遠い。手帳類はまだまだ続きそうだ。手帳類だけで少なくても今年分のロードマップはもう組めてしまうし、上半期は具体的なスケジュールが埋まり始めている。いつまでこんな風に個人プロジェクトに興味を持ってもらえるのだろうか。しんどいが今だけかもしれないな、今後はもう無いだろうな、とも思う。

・本心では手帳類以外にもうひとつ、プライベートの共有と更新をテーマにしたプロジェクトを構想して実装したい。テーマに対する異なった実装があることでより立体的に伝えることができるからだ。ひとつだけの実装(手帳類)だけだと単なるフェチ・性癖としてのみで捉える人も少なくない。火のないところに煙は立たないと言うし、そういった要素が少なからずあるのだけど、多くの人が思うよりずっと割合は小さい。それを示すためにも別の実装を用意するのが一番良いように思う。

・もう少し書きたいことがあったかもしれないが、ここまでをセーブとしておく。2月中にもう1度セーブしたい。少なくても3月には行うこと。

2017/12/24

・仕事をやっていなくても月に1度程度のセーブになってしまうのか。1週間に一度を目指していたのに。

・印象として、12月前半は、手帳類図書室のサイト(Wordpress製)の直しと研究会の発表資料作成をやっていた。研究会が16日にあり、17日は忘年会的な催しがあって、18日から本当の意味での休みが始まった。そこから1周間ぐらい空いたことになる。これから確認してみるが12月前半も100%取り組んだとは言い難い。せいぜい60〜70%ぐらいであろうか。それでも安定して6,7割取り組めているところが例えば30歳直後の頃よりは随分と良いペースである。

・それは適切な〆切であったり目標であったりが自然と設定されているからでもあるだろう。えりさんがほぼ毎日「今日は何やったの?」と聞いてくれることでもあるだろう。周囲の人々が成果を出しておりそれに対する焦りでもあるだろう。気合を入れて日々取り組んでいるというよりは、「やらないとまずい」なる消極的なエンジンで動いていると言って良い。それを構築するのですら簡単では無いのだが。

・次にChangelogやTrelloのログを見て振り返ってみよう。答え合わせの前に思い出した。BSテレビの取材対応とラジオ出演と雑誌修正対応があった。出演以外にも準備や連絡などもあるから、それぞれ1日の作業とみなす。研究会の資料作成(2万字ほど)に7日、サイトの直しとWordpressの勉強に4日と合わせて14日は作業していただろう。これで半分ほど。あとは2日ほど作業を忘れてよいオフの日があったはずだ。

・それから職務経歴書のアップデートがあった。過去の15年分ぐらいの仕事を振り返ったので1日作業時間分ぐらいかけた。多くは忘れていたし、最初の10年ぐらいの似たような仕事の繰り返しにがくぜんともしたが、基礎固めと解釈するしかあるまい。もっとも基礎がどれぐらいついているのか大いに不安である。せめてコンピュータ・サイエンスと数学をしっかり身につけておけばよかったものを……と嘆いてみたところで、当時はまだその必要性が分かっていなかったし感じられていなかったのだから、どうしようもない。先回りして勉強しておくなど僕には不可能だ。

・技術的なところだと、Markdownの書き方やVS Codeでの記述→出力の学習もしている。WorkFlowyを実作業で使ってもみた。これまでのサイト作りよりもデザインの指定が多かったためCSSも実践的に学んだといえるだろう。ウェブサイトのリダイレクトを.htaccessで書くことも試した。生活面では、税金周りの手続きや、検便、トイレ詰まりなどの対応も慌ただしかった。ログをみていると細かい返信や手帳の買い取りなどが日々の時間に響いているという印象もうける。AIに返信を任せられたらだいぶ変わってきそうだ。ログを見ていくと、後半はまずまずだが、前半に3日時間ぐらい空白があるようにも見えた。さらに見ていくと11月末を〆切にしていたタスクが溢れて12月前半に作業していたようだ。11月のせいにしよう。

・忘れてはならないのはゲームのプレイ時間だ。1日2〜3時間プレイしたとすれば少なくても3日時間にはなる。『冒険者ギルド物語2』に加えて『宇宙戦艦大作戦』も並行してプレイした。遊ぶことと向き合うつもりではあったが、遊びすぎたかもしれない。遊びのフォームを取り戻した、といえばかっこよいだろうか。取り戻したと思ったら仕事が始まるのも悲しいことではあるが、この感覚を覚えておき、次は1週間で取り戻せるようにしたい。もっとも、取り戻すには新鮮で夢中になれるゲームの存在が不可欠ではあり、とっておきをプレイしてしまったので来年以降が不安でしかない。

・フォームを取り戻した感覚があったからこそ、手帳類は来年もたいへん遊べる良い企画から始めることができそうだ。この感覚は覚えておきたいのであいまいではあるが記した。遊ぶことと向き合うのは来年も引き続きテーマになるみこみ。

・残り10日ぐらいの休みを悔いなくすごしたい。年度末の行事や生活周りの作業が半分ぐらいにはなるだろう。そうするとほとんど休みがないではないか!(多くの人はそれでも多いと言うのかもしれないが……)

・これを持って12月のセーブとしよう。もしかしたらもう一度セーブできるかもしれないが、今年の感じだと新年になっていそうだ。

謝辞
Picnic CSS
T.T
©
Shirado Masafumi